己龍/灯

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『灯』収録

  
        

命の灯は何を思いその身を焦がすのだろうか…
何時消えるとも知れず垂れ流すのは散り行く涙
さらば…孵る意味よ
さらば…歩む意味よ
死を賭してこそ見えるモノ…

鹹め取られ弄ばれる
縺れ千切れて落ちるは運命の糸
己が想を蝕む様に
ソレを気が付かせぬのは運命の意図

揺蕩う流れに身を任せ溺れるのも良いだろう…
藻屑と化して尚、迷い無き道と言えるのならば…

鼓動はまだ糧に為ると吼える

紡ぎ合わせたソレに見出したモノは屑
螺旋に誘われた果てに迷う

追いかけて…まだ…

執着に縛られて何時しか置き去られて
終着に縛られて忘れられる…

ららら…

如何にして死すべきかを

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧