己龍/灯

残月

己龍


word: 黒崎眞弥 music: 九条武政

『灯』収録

  
        

腐れ畳 残月に軋む足音
闇夜に晦む笑みは 然も煌々と
真昼の空に白く張り付く
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った

「泥々の海に片身を浮かせ、
僕自身を飲み込み嗤笑いました」

腐れ畳 ひいふうみいよの数え歌
後ろの正面 孕み胤の兄様が

「其れは其れはもう私の中で、
螺子れ這い廻り犇めきます」

朦朧 錯落 回環 爛れた貞操
揺曳 狂悖 溷濁 歪に歪む

腐れ畳 残月に呻く足音
臥所に晦む笑みは 然も轟々と
血眼に仰け反り見開いた
翫弄の籠の中 いついつ出やる

「三十六度の貴男の膿に浮き沈み澱む、
ゆらゆららぁと」

朦朧 錯落 回環 爛れた貞操
揺曳 狂悖 溷濁 歪な歪み
結んで 開いて 開イタ 其ノ手ヲ結ビ
ぎちぎちぎち がたがたがた だらだらだら

接吻をして

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧