己龍/灯

蜘蛛

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『灯』収録

  
        

搦め捕られていた事に気付かず 
無様に踊るは雁字搦めの檻

喰らうのは肥えた欲の塊 
津液粘つく天秤の皿の上

救いを垂らし手招いても 
醜態晒す哀れな偽善の狂騒
掴んだ一縷の光も あれよあれよ真っ逆さま

落ちる落ちる…奈落の底 
この手を引く絶望
落ちる落ちる…奈落の底 
振り出しにすら戻れぬ

救いを垂らし手招いても 
醜態晒す哀れな偽善の狂騒
掴んだ一縷の光も あれよあれよ真っ逆さま

拒絶を剥き出して吐いた 
声はどれ程「美徳」と言えるのか
麗しさも裏返せば あれよあれよ真っ逆さま

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧