Royz/Revolution to New AGE

蒼蓮花

Royz


word: Royz music: Royz

『Revolution to New AGE』収録

  
        

風に揺れていた 蓮の花
人は問いかける
「ねぇ、光も闇も見て疲れないの?」
月夜に響いた「そうかもね…」

「朽ちていくよ…」
木陰に堕ちた僕は太陽憎んだ
「太陽(彼)が狂うまで休んでいるから」
残り香がただ虚しいだけ

零れ堕ちた蒼蓮花
花の名も知らぬのに
夜に揺れた一輪の花
まるで子供の玩具で

零れ堕ちた蒼蓮花
今もまだ蒼く揺れるその場所に花を濡らすこの雨は
空を架ける虹になる

零れ堕ちた蒼蓮花
花の名も知らぬのに
夜に揺れた二輪の花
まるで子供の玩具で

紅に咲いたあの花の花言葉は
「離れゆく愛」だから蒼く咲いた
二度と離れぬように
二度と戻らぬように、ずっと。

「いつか枯れるけれど、
この唄が君の生きる唄になりますように」

Royzの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴