己龍/悦ト鬱

悦ト鬱

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『悦ト鬱』収録

  
        

あれから幾日が経つのでしょう…心はもうその形を留める事など出来ないのです
からからから…と回る赤い風の音が唯一私を現に縛る手枷

あれから幾日も経たぬ間に「絶ヲ望ム」想いだけが心を蝕み喰らうのです
からからから…と回る赤い風の音も何処か夢…?それとも現の微睡…?

奥を覗けば目に映る酷
有様は無様 迫る宵の刻

咲いて 咲いて 咲き乱れ 散るが花の悦
艶に見えた徒の花 眩しい闇の匣
枯れて 枯れて 枯れ朽ちて 咲くは花の鬱
決して咲かぬ徒の花 努々忘れぬ様

溺れて…
浮かび上がり…
刹那…
弾けて…
崩れ消えてしまう…
そんな私は…

「泡沫」

くるくるくる…からからから…
赤い風の音が誘う十六夜いざさらば

奥を覗けば目に余る酷
有様は無様 迫る宵の刻

咲いて 咲いて 咲き乱れ 散るが花の悦
艶に見えた徒の花 眩しい闇の匣
枯れて 枯れて 枯れ朽ちて 咲くは花の鬱
決して咲かぬ徒の花 努々忘れぬ様

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧