DIR EN GREY/THE UNRAVELING

MACABRE

DIR EN GREY


word: music: DIR EN GREY

『THE UNRAVELING』収録

  
        

羽を広げて飛びたい君は揚羽の夢見る
蛇革似合いそうだね
ガラガラの雨に打たれ 身動きが出来なくてね 餌に成り春を待つだけ 口が開く

蛹から羽を広げ 今にも飛び立ちそうで 可愛さ余った君はもう 大人ね
花に恋をした君は蜜を啜り啜っては
僕に気付かず そのままで
牙を剥く

愛咲き乱れ エスカルゴとフォアグラの君に

愛おしい蛹の君が 薄汚れた羽を見せて 僕をフリフリ振ったね 胃の中

バラリグラリ薔薇バラの君
羽は捥げて 蛇の皮が似合う様な?
廻り廻る廻った答え繰り返して
繰り返されて行く命を
曲がり曲がる曲がった君は溶け爛れて
一つに成り 混ざり合おうか

「きっと人魚の様に胃液のプール泳ぐ。」
「きっと揚羽の様に蛹は羽生やす。」

夢にまで見たコノ背に
貴方似の真ん丸い
お気に入りの長い羽を

物陰に隠れている
貴方も出ておいで
大切なのは気持ちだけ
そうでしょ?

廻り廻る廻った答え繰り返して
繰り返されて行く命を
曲がり曲がる曲がった君は
解け爛れて一つに成り 混ざり合おうか

Cold Rain

蜘蛛の上に乗る貴方は
涙を這わせて
目紛るしく空と土と螺旋城で命を宿す
「犠牲心、貴方は正しい?」
Masochism + Sadism

慣れない貴方の腕にしがみ付き眠る
怖くて眠れない夜 貴方が恋しい
側には情もない 朽ち果ての未来と欲

運命の蜘蛛の糸分かち合おうか、ただ…
さよならは一度だけ、何故此処に堕ちた…
銀の眼が輝く巨大な貴方、嗚呼…

貴方なら許せるわね 残酷な生き物でも
脚を地面に忘れたわ 残さないでね

ゆらりゆらりゆらゆら揺れ
偽りの無い一途な眼に瞬きすらも忘れ、思う
一心不乱
貴方の中、噛み砕かれて行く季節ね。

DIR EN GREYの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴