グルグル映畫館/轍

赤い花・空の青

グルグル映畫館


word: 天野鳶丸 music: 天野鳶丸

『轍』収録

  
        

今も昔も風車 風に流されて甘い雲
かじる林檎の目に染みて 空に消えた打ち上げ花火

「池で鯉が跳ねた。夜に鯉が跳ねた
 月で口が滑って、『後ろの正面だぁれ?』」

ここ何年昨日までの君が優しすぎて
今日のこの空の青さがやたらと辛くて

無邪気に咲いてた赤い花 垣根の垣根の曲がり角
すらりとうなじに後れ毛で 眩しかった浴衣姿

同じ顔した白きつね 背中に背負って下駄の音
濃いめの香りに気を取られ 何時か見てた菊人形

「池で鯉が跳ねた。夜に鯉が跳ねた
 月で口が滑って、『後ろの正面だぁれ?』」

ここ何年昨日までの君が優しすぎて
今日のこの空の青さがやたらと辛くて

「良い日が来るさ。」と赤い花 泪の代わりに花弁が
つがいの金魚がくちづけて 広く感じた僕の部屋

グルグル映畫館の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴