己龍/愛怨忌焔

愛怨忌焔

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『愛怨忌焔』収録

  
        

面の皮を剥いでは化けの皮を縫い付ける

壹 貳 參 肆 伍 陸 漆 捌 玖

重ね重ね嘯いて

恨めしくも愛しい… 心壊れた傀儡

壹 貳 參 肆 伍 陸 漆 捌 玖

重ね重ね欺き

「愛怨忌焔」

朧月を闇に落とす欲の黒い雨 其の淵を愛でる吐瀉の海
ぎとり…ぎとり…垂れてくすむ欲の黒い雨 見開く眼に恍惚を

痛み故に此処に在りし繋ぎ止めた空ら現
剥離された昨の朔は風穴の夢

裂けた歪から思わず漏れた最後の言葉は

「……………。」

ぶらぶら下がる冷めた両の手 後ろの正面 蟲の声

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa