己龍/愛怨忌焔

嗚呼

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『愛怨忌焔』収録

  
        

月を喰らう霞 吐き出す白い夢
月に吠える静寂 震えるは鼓動は

声絶え絶え捻り出せば 届くか…この慟哭が…

「嗚呼」

さようなら

また明日

手を振るわ

影の中

思い描く在りし日の煌めきはくすむ
頭垂れて風に揺れるこれが…私?

無垢のままで終わりたい 透明に溺れていたい 私は見えずの影
揺れながら見下ろした先に這いずり回る漆黒のソレの様

意味のある無意味でいたいのです

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa