D’espairsRay/凍える夜に咲いた花

凍える夜に咲いた花

D’espairsRay


word: HIZUMI music: Karyu

『凍える夜に咲いた花』収録

  
        

振り返るその景色にキミの影を探していた…

安らぎを求め過ぎて傷つけ合う二人
凍えた孤独は寒空に昇り花を降らせた

崩れていく予感の中 立ち尽くしていた
白く光り優しかった 掌で消えた花のように

雪が歌う夜に君を憶うよ
凍りついたこの部屋で
色褪せた記憶は眩しいくらい
孤独に染める…

積もっていく過去が今を造りあげる
癒せない傷も間違いじゃない いつか言えるから

今は違う空を見上げ 渡って行けるはず
息を白く染める頃に蘇る記憶 君を連れて

戻せない時間を悔やまぬように
与えられた時が現在
鮮やかな世界を廻るmerry-go-round
孤独と揺れて…

花のように枯れてしまったも
君を憶い 君を感じ 翔けぬける季節、胸の中で…

雪が歌う夜に君を憶うよ
凍りついたこの部屋で
憧れた未来を待ち望むように
孤独を生きて…

D’espairsRayの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴