D’espairsRay/REDEEMER

琥珀

D’espairsRay


word: HIZUMI music: TSUKASA

『REDEEMER』収録

  
        

都会に埋もれた君はまるで迷子のよう
悲しみを秘めた顔で笑っていた...

何もかも信じられずに囁いた「誰もいない...」
か弱く途切れた細い声

抱きしめたい 悲しみが君を覆い尽くすなら
激しさで溶かしてみせよう

かけがえの無いもの ひとつふたつ... また失う
眠らないこの街に星は飾れない

いつからか僕らの声はぬくもりを失った
傷つくばかりの世界だから

寄り添って 悲しみをこの身深く刻んで
傷痕が燃え尽きるまで
心とは裏腹の言葉はもういらない
恐れずに... 心は傍にいるから

抱きしめたい 悲しみが君を覆い尽くすなら
激しさで溶かしてあげよう
星の無い空の下 今も震える君に
聞かせたい夜明けの歌を...
見せたいこの世界の光を...

D’espairsRayの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴