Fatima/NOBLE KING SNAKE

Noble King Snake

Fatima


word: Fatima music: Lay

『NOBLE KING SNAKE』収録

  
        

午後の湿った陽射が零すオレンジ色を浴びて虹色に輝く肌
誰かの本能に囁く為に腫れ上がったBerry、それよりも真っ赤なベッドの上
描く螺旋の中に閉じ込めるはだぁれ?それはきっとスポンジケーキみたいに柔らかい子猫
一人でいたいって、愛とか嫌いなんだって、それは表向きの顔

斑模様脱ぎ捨てた彼の事、誰もが気にとめようとしないでしょう
時折見せる誰かを想う眼に 私だけ気付いてた

Noble star この身が枯れるほど思い続けた恋路の果てに、届かぬ人だと知りました
嗚呼、影落とす胸に慰み、せめて今夜は蕾包むような 恋の歌を聞かせてダンダディダ♪

落ちるライト 貴方を残し 響き渡る蒼いアカペラ
時は止まり 滲む思い出 触れられぬ指

Noble star この身が枯れるほど 思い続けた恋路の果てに、届かぬ人だと知りました
嗚呼、閉じていく幕を背に、逃げ出すように帰路につき
嗚呼、瞼に焼きついた 偽装世界、銀幕の夜そこに立つ、
荒ぶる蛇 粗野な声 それでいてまた残酷なほど
繊細さ持つ恋の歌を響かせダンダディダ♪

Fatimaの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴