THE ALFEE/青春の記憶

水いらずの午後

THE ALFEE


word: 松本隆 music: 筒美京平

『青春の記憶』収録

  
        

水いらずの午後に きみは
頬に涙 つたえる
風も凪いでしまったのに
吹き抜けるよ 哀しみ
何故 きみは 愛のこと話すたびに
淋しい笑顔 はぐらかすの
せめて 今夜だけは
きみと 寄りそいたい
肌が寒い季節だから

熱い紅茶 啜りながら
きみの気持ち 読みとる
雪のように舞う言葉に
何をたくし 話そう
何故 愛は手にのせた雪のように
こんなにせつなく 消えてしまう
せめて 今夜だけは
きみと 寄りそいたい
肌が寒い季節だから


THE ALFEEの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴