HIGH VOLTAGE/UNDERGROUND

UNDERGROUND

HIGH VOLTAGE


word: 高橋大望 music: HIGH VOLTAGE

『UNDERGROUND』収録

  
        

光を求めて影は 他愛ないジョークを 喋る
聴きたいのは そんな事じゃない

太陽求めて影は 魂の抜けた 声から
急に鋭い 口調に変わる
その音が街の中に こだまして 響きながら
獣のような声で 叫び続けた

軌道を変えたつもりはない
残響は ギラついてるが
屈折して 離れていく
ここの世界は いつもこうだ

外の世界には 光は或るのか

喋り疲れたギターは 俺に愛想を 尽かして
黙り込んで 壁に溶ける

ギラついた残響だけが 鏡の部屋の中に
残っている 残っている

軌道を変えたつもりはない
ギターの声は 俺に
何度も 語りかけていた
外の世界は いつもこうだ

軌道を変えてみたくて
残響を 壁に投げる
跳ね返り 俺の元へ
外の世界は いつもこうだ


HIGH VOLTAGEの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴