東京ミカエル。/35.6℃

ルポルタージュ

東京ミカエル。


word: 真田一航 music: 真田一航

『35.6℃』収録

  
        

混沌の腹の中にいるみたいなこの世界じゃ
幼い頃憧れた物語の主人公に、なれないと知ったあの日僕は憂鬱に蝕まれ
六疊ー間のこの四角い部屋の中に立て篭った

現実と夢の違いを右と左の瞳で見比べてみた

知識と教養に小さなコンプレックスを抱くくせに
あの日先生から学んだ色んなこと否定したりして

夢も希望も才能も群青の空を曇らせるだけ

切り裂いたこの手を伝う赤黒いこの血は
体温を奪うだけ奪ってドロドロのまま固まって
きっとこのまま僕はそれを見てるんだろう
降りそうで降らない雨を抱えたままの空みたいな表情で

サーカス小屋の隅で膝を抱えてるピエロ、着飾らないマネキン
やけに明るい街角占い師、正体を暴かれたUFO、曇り硝子の展示会
この世界にあるものはもう大概どこか満たされず

かく言う僕も同じくせに根拠のない「違う」を他人におしつけ
それさえも「同じ」ことに気付いてるのに気付かないフリしてる

苦しいです世界がギスギス時代を刻むのを見てるのが
なんとが僕に出来ることはないものか

例え僕が願っても手遅れなのは知ってるよ
でもなんか願わなければ不幸になる気がして
たったひとつ心配です。この世界には珍しく
純粋で透明すぎるカラスのような君のことが
いつかもし君が混沌に飲み込まれたなら
その時は迷わずどうか汚れた僕のこの手を握って

ここへきて
ここへきて
ここにいて

東京ミカエル。の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧