surface/resurface

だけどきみを離せない

surface


word: 椎名慶治 music: 永谷喬夫

『resurface』収録

  
        

振り返ると きみは微笑み
いつも通りの 幸せがそこにあるかな
振り返らず 歩いてしまうのは
「もしも君が…」 って自分の弱さからなんだろう

また今日をやり過ごすだけなの
ただそれだけでも 今の僕には 十分過ぎる 迷いを生むんだ

少しづつ変わり続ける愛の形
どうにかしてピタリとはめ込んでも
また直ぐにチグハグになってしまうから
その度小さな傷を増やしていく
なんて不器用なんだろう それでもきみを離せない

振り返ると きみはいつでも
その思いを ちゃんと見せてくれたのに
振り返らず 歩いてきたのは
きみのような 強さを持てないからなんだろう

また今日をやり過ごすだけなの
ただそれだけでも 今の僕には 余計な思いが 多すぎるんだ

少しづつほつれていく愛の糸を
どうにかして絡めてみたとしても
すり抜けるようにほどけてしまうから
その度にまた二人すれ違う
なんて不器用なんだろう それでもきみを離せない

少しづつ変わり続ける愛の形
どうにかしてピタリとはめ込んでも
また直ぐにチグハグになってしまうから
その度小さな傷を増やしていく
なんて不器用なんだろう それでもきみを離せない

だけどきみを離せない


surfaceの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴