surface/夢の続きへ

夢の続きへ

surface


word: 椎名慶治 music: 原一博

『夢の続きへ』収録

  
        

雲の隙間こぼれる 眩しいほどの光に
弱さ見透かされそうで ふいに手をかざした

羨むだけでいつも 諦めたふりをした
思いが暴れるから また僕を迷わせる

悔しくたって 人は誰もみな
その足で 進むしかないんだよ
彷徨って 悩んで そんな 自分も
手にする未来は どんな形だろう

壊してしまえ 邪魔する不安を
砕いてしまえ 握り締めた手で
その痛み 刻んで そうだ 飛び込め
終わりなき 夢の続きへ

真実を知るほどに 見失いそうなんだ
自分の選ぶ道が 正しいのかどうかさえ

明るく振舞うたび 寂しさも横切るよ
本当の僕は今 どんな顔をしてる

悲しくたって 人はどうしようもなく
何か求め 探し続けてる
そうやって もがいて きっと それでも
手にする未来を 切り開くんだろう

迷い込んだって 立ち止まらないで
何処かできっと 繋がってるから
逃げないで 希望に そっと 触れよう
終わりなき 夢の続きで

必死に守りぬいてるもの
無駄に膨らんだプライドも
この際全部さ
捨ててみればいい
そして また 始めてみるよ

悔しくたって 人は誰もみな
その足で 進むしかないんだよ
彷徨って 悩んで そんな 自分も
手にする未来は どんな形だろう

壊してしまえ 邪魔する不安を
砕いてしまえ 握り締めた手で
その痛み 刻んで そうだ 飛び込め
本当はもっと 自分を 信じてるんだろう
終わりなき 夢の続きへ


surfaceの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴