長渕剛/雨の嵐山

雨の嵐山

長渕剛


word: 長渕剛 music: 長渕剛

『雨の嵐山』収録

  
        

雨の降る京都の 嵐山を二人
息をきらしながら のぼり始めてゆく
ひとつの傘を二人 お前との世界
寒さにふるえる声は 霧の中へ消えてく
でも今はあの笑い顔も 冷たい雨もみんな
すべて僕一人の 想い出の中
やがてくる春に 涙をうずめ
過ぎ去る冬を心で唄い
お前の影を抱きしめる

雨の降る京都の 嵐山を二人
息をきらしながら のぼり始めてゆく
大つぶ小つぶの雨は まるで涙語り
暗い雲の下で 愛を確かめ合う
あの時のお前の言葉は
寂しさの中にしがみつき
僕の心までも 孤独にしばられる
やがてくる春に 涙をうずめ
過ぎ去る冬を心で唄い
お前の影を抱きしめる

過ぎ去る冬を心で唄い
お前の影を抱きしめる


長渕剛の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴