長渕剛/Captain of the Ship

ガンジス

長渕剛


word: TSUYOSHI NAGABUCHI music: TSUYOSHI NAGABUCHI

『Captain of the Ship』収録

  
        

4本の火柱がめらめらと
燃えさかり 煙が立ち昇る
俺は今 揺れる小舟の上
ガンジス河を下っている

細い路地裏には死を待つ老人の群れ
座ったまんまで動かない
やせこけた右手を道行く人に出し
小銭を手のひらを掴む

俺は船を降り 3時間近く
焼け崩れる真っ黒い人間を見た
「神様はどこにいるのか」と尋ねたら
老婆は自分の胸を指した
笑いながら自分の胸を指した

Bye Bye ガンジス 大いなる河よ
Bye Bye ガンジス 何も教えてくれない
鮮やかな色に包まれた女たちは
今日も 明日も この河で乳房を洗う
今日も 明日も この河で乳房を洗う

やがて跡形もなく白い灰になり
黄土色のガンジスに流された
わかっちゃいたけど 人間って奴が
確かに目の前で灰になった

裸足で櫓(ろ)をこぐ老人が
憂い顔で 俺に笑いかけた
深いしわを顔中に刻んで
「死んだら灰になるだけさ」と笑った

旅をするのは 帰る家があるからだ
さすらいの旅ほど 淋しいものはない
ふと虚しさに突き落とされそうになったけど
「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた
「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた

Bye Bye ガンジス もっと生きようと
Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ
さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ
あなたのように 強く死ぬまで生きようと
あなたのように 強く死ぬまで生きようと

Bye Bye ガンジス……
Bye Bye ガンジス……

ベナレスの川岸に並ぶヒンズー寺院
ひと群れの牛を引く少年
大きな瞳で手をあげたとき
なぜに俺は目をそらしたんだろう

俺はふたたび小舟に乗り
ポケットのハモニカを吹いた
悠々と時にまかせて音を飛ばしたら
生まれてきて ほんとによかったと思った

ガンジスは 何故よどんでいるのか
なぜ“聖なる河”と人は呼ぶんだろう
考えながら仰向けにひっくり返ったら
やけに空は高く青かった
やけに空は高く青かった

Bye Bye ガンジス お前は黙ったまんま
Bye Bye ガンジス 答えなど始めからない
あるのは今 確かに「俺」ここにいる
そして明日 東京へ帰る
そして明日 東京へ帰る

Bye Bye ガンジス もっと生きようと
Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ
さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ
あなたのように 強く死ぬまで生きようと
あなたのように 強く死ぬまで生きようと

Bye Bye ガンジス……
Bye Bye ガンジス……


長渕剛の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴