中田裕二/ecole de romantisme

記憶の部屋

中田裕二


word: 中田裕二 music: 中田裕二

『ecole de romantisme』収録

  
        

今日も街がオレンジ色に溶ける頃
後ろ髪ひかれながら
帰りゆく人の群れを眺めていた
僕らはいつも行方知れず

現実を逃れてみたい
君の手を引き彷徨う
ここはあの時のままで
染み付いた記憶の部屋

明日に帰るまで
せめて今だけは
君をここに閉じ込めたいのさ

あの日分かれ道
他にもあったのに
僕の胸を叩いて泣いたよ

溜息が霧となり夜明けがきて
つま先鳴らす音が響く

現実は幻みたい
僕は時々血迷う
ここはあの時のままで
染み付いた記憶の部屋

君に沈むとき 視線が合うとき
隠した想いがこの胸になだれ込む

言葉じゃなくなって
心もなくなって
まるで失われた世界に

あの日分かれ道
走りきれたのに
同じ夢は二度と見れない


中田裕二の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴