MEJIBRAY/醜詠

嫉妬

MEJIBRAY


word: music: MiA

『醜詠』収録

  
        

儚いキャンドルが照らす綺麗な指、長い髪
“僕のモノだ”と肩へ強く歯型残してた…

触れた痛みで思い出して
君の秘密に僕は傘をさすけれど

届かない“なら”せめてそばで
忘却の夢を見させてよ
気付かないふりで笑って
今だけは心乱さないで…

その目には今誰が映っていますか?
君との距離は決して遠くはないのだけれど…

抱き合って語った“これから”を
君の秘密に僕は吐き気がするけれど

届かない“から”せめてそばで
嫉妬という心をかき消して
気付かれぬよう僕は泣いて
今だけは言葉乱さないで…

届かない“のに”せめてそばで
この苦しみをただ語らせて
今君は彼と笑う
想像が僕を壊した
届かない“けど”せめてそばで
夢物語でも笑わせて
今夜は僕だけ見ていて?
僕だけのだとまた歯型残した

MEJIBRAYの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧