己龍/アカイミハジケタ

十三夜

己龍


word: 黒崎眞弥 music: 九条武政

『アカイミハジケタ』収録

  
        

姉が孕んだ
種は恐らく父のもので
母の消えた日に堕胎した

夜明けの晩

鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ
朦朧 錯落 回環 揺曳 狂悖 溷濁

四肢に施す枷と目隠し
畳の目数えては

「垂れ流す蜜は是こそ、愚の骨頂」

玩弄の籠 いつ出やる
薫る菊は蕾の花を開く
孕み喰らい また孕む
臥した肌を這う指先は溶け爛れた

ゆらぁ ゆらり ゆぅらら

糜爛の百合 が 白を剥き自慰に塗れ
糜爛の人 は 赤を剥き捻れて縊死

爛れた月

四肢に施す枷と目隠し
天井の染み数え

「熟れ腐る舌鼓はまるで柘榴の歯触り」

歪な影絵に歪む聲は飲み込まれ

浮き沈み澱み揺らめいた

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧


  • a
  • ka
  • sa
  • ta
  • na
  • ha
  • ma
  • ya
  • ra
  • wa