urema/光の棺

チルクラブ

urema


word: 長江慧一郎 music: urema

『光の棺』収録

  
        

私がここにいること
本当は誰も知らない

言葉が螺旋につらなる
通り抜けていく

今 魔法が溶けていくこと
そこにはもうなにもないこと

深く追う
平気だよ
ぼくらは深く潜った

私 きみと
ピンクの象が リンゴ 食べる庭を みてみたかった
それがこの世界で一番美しいものだと信じていたの

ぼくはぼくのことを受け入れることが出来ずに
足を震わせながら
ここではないどこか
どこにもない場所にいた

もう何も触れられない
誰もいないところで待っている
ぼくらはね
きっときれいなままで

私 きみと
ピンクの象が リンゴ 食べる庭を みてみたかった
それがこの世界で一番美しいものだと信じていた
海老を食べてこの絵を描いた
ふたりしか知らない恐怖と優しさ

uremaの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴