己龍/暁歌水月

蛾眉ノ蛹ハ羽化ヲ知ラズ

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『暁歌水月』収録

  
        

ぼんやり浮かぶ曲線の淵をなぞる指 夢見心地の水面に揺蕩う蜉蝣よ
風が誘いゆらめく意識に吠える夜 後に残った波紋の影が棘の様に

崩れてく 壊れてく 遠のく調べ
欠け落ち 剥がれ落ちた 何時かに爪を立てる

僕は僕を脱ぎ捨て僕の知らない僕が顔を出す
失くしたのは僕か…僕の形をした何かだったのだろうか…

置き去りの宵 ぽつりと願うは

「時よ止まれ」

光が僕を生かし…僕を殺す

焼け付く痛みが僕を起こす

崩れてく 壊れてく 遠のく調べ
欠け落ち 剥がれ落ちた 何時かに爪を立てる

僕は僕を脱ぎ捨て僕の知らない僕が顔を出す
失くしたのは僕か…僕の形をした何かか…

明くる日には僕は僕を忘れて僕として生きる
満ちていた大切な何かが欠けて僕がいる

ゆらゆら揺れて…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧