己龍/暁歌水月

影絵ノ鴉

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『暁歌水月』収録

  
        

僕を見透かしていた僕が羽ばたいた…

赤く赤く染まる夕日に何を詠うのでしょう
嗄れた秋に溶け込んでいく僕は「影絵ノ鴉」
夕焼け小焼けでまた明日
手を振る僕をじっと見ている僕は「影絵ノ鴉」

嫌い嫌い嫌い嫌い来来
嫌い嫌い嫌い嫌い世世

「楽になれば?」

鴉は詠う

雪の終わりに生まれ芽吹く 冷たく痛い嘘の蕾は
静かに涙を啜る冬

真っ黒に染まり切っていたソノ手は容易く
僕の背中を押して飛んで行った
耳を塞ぎ、目を閉じて、声殺してまで
縋り付く意味…本音の産声

嫌い嫌い嫌い嫌い来来
嫌い嫌い嫌い嫌い世世

「楽になった?」

鴉は笑う

桜ひらひらと舞う頃 零れ落ちたアノ時の嘘
薄紅の眩しさに俯く春

嘘は咲き散り枯れて尚 心模様萌ゆる言の葉
枝分かれの全てが君に刺さる夏

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧