己龍/暁歌水月

イナイイナイ

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『暁歌水月』収録

  
        

黒い猫が私を見下ろして笑う
声は辿々…

ガサガサ

ねじ込まれ…

嗚呼

破り捨てられた記憶の隙間から覗くのは誰?

招かれていた私と招かれざる私

指を重ねて取り繕う格子に切り離された彼方と此方
触れてしまえば搦め絡まる連鎖に 叫びは喰われ行く

黒い猫が私を見下ろして嘆く
声は絶え絶え…

ガサガサ

ねじ込まれ…

嗚呼

気の迷いの愚かさ 絶望の儚さを
唯一許されてた涙が語り終幕へ

嘲笑うその声に…

生に獅噛ミ付く事への無意味さを知る

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴