Sadie/GANGSTA

MESSAGE FROM HERE

Sadie


word: 真緒 music: Sadie

『GANGSTA』収録

  
        

君が泣いていた日を知らない僕に
閉じた心の声教えてくれた
震えながら明日を待ち行き場を無くした空に
心を許せる人がいなくて

仲間外れになりたくなかった
嘘の笑顔で頷いていたいつも
誰にも打ち明けられない 堪えた涙が溢れる
本当の居場所はどこですか

声が出せない 前が見えない
出口にいつも辿り着けず独り
数えきれないほどの傷痕隠して
いつもの自分演じてました

I miss you... 心がI need you

お互い似ている感覚や環境
夢や希望に答え合わせをする
敷かれたレールの上で妥協ばかり繰り返し
諦め逃げ出す事繰り返す

やりたい事なんて何一つも無くて
いつも誰かの未来話聞いていた
「乗り遅れたこの列車 終着駅ありますか?」
気持ちの行き場を見失ってた

何処に行けばいい 誰に聞けばいい
道標のない暗闇彷徨って
此処にいるのに誰にも気づかれなくて
独り叫んでた言葉は「もういいよ…」

君を離さない覚悟はいつも
偽りのないこの場所に誓った
ときに離れる日々は別れる意味じゃない
また会える出会いこの命は消えない

伝えきれない想いの中で求めた君を傷つけたくはない
旅路の果てに約束はいらない だから傍にいる事
ただそれだけでいい

時が経つほどに色は褪せてく
何曜日かもわからない日々に
あの頃見上げた空とは違った景色映っていました

行き交う人の群れに背を向けて
悔しくてこみ上げたモノだけは
変わらないあの日と
立ち尽くす事しか答えが見当たらない

わけもわからず前向きな歌で
紛らわした日々もあったけれど
悲しい歌ほど心に解けて繰り返し涙してた

言葉に出来ない想いが溢れ出す
変わりたくて変われない弱さに
真実と向き合う強さを今

I'm with you... だけれどI miss you.

Sadieの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴