己龍/天照

傷ノ声

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『天照』収録

  
        

剥がされ捨てられた私の骸
へばりこびり付いた私の染み

瞼閉ざし 耳を塞 ぎ 口を噤む

誰もが気付かぬ振り

心の底に触れたのは誰か
真っ暗な其処に気が狂れた誰か

瞼閉ざし 耳を塞ぎ 口を噤む

誰もが気付かぬ私

吐き出す全てが醜く歪み
「言葉」と言う名の「嘘」へと変わる

右手が啜る 左手の声
耳を澄ませば じわり溢れる

谺したソレは誰にも届かぬ私の辞世の句

私の声に耳を傾けてくれた剃刀はもう詠わない

錆びた煌めきの不協和音は卑しく喉を鳴らすだけ

「嘘」は「嘘」のままで

朱で書きなぐる 悼む痛みは
蒼に纏われる ぷつり途切れる

谺したソレは誰にも届かぬ私の辞世の句

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴