the Raid./Ray

PRECIOUS

the Raid.


word: 星七 music: 由羽

『Ray』収録

  
        

子供の頃ふと覚えた感覚を日々感じてるよ
なんて言えばいいかな?心が踊るような ついニヤけちゃうような

あの日描いてた理想の自分に少しは近づけたのかな?
キレイな事も汚れた事も知って人は大人になるんだね

「ありがとう」って君に言われるとなぜだか涙が出そうになるんだ
僕から君に贈れるのはこんな歌しかなくて
強くならなきゃ

今この瞬間だってもう二度と帰らない過去になってるんだ
どこで出会うかなんてわからない未来に生きる答えを探してる

まだまだ長いトンネルの中
だけど僕なりに1つだけ
大事な物を見つけた気がする
恥ずかしいから教えないけどね

君を想うとどんな退屈な世界にもキラキラ虹が架かるんだよ
この先の余白は君と描きたいな
僕と君色

もしあの星が流れたとしたら何を祈ろうか?
欲を言えばキリが ないから僕はいいや
どうか君の願いが叶いますように

あの日描いてた理想の自分に少しは近づけたのかな?
キレイな事も汚れた事も知って人は大人になるんだね

「ありがとう」って君に言われるとなぜだか涙が出そうになるんだ
僕から君に贈れるのはこんな歌しかなくて
強くならなきゃ

無理に笑うのはやめにしようよ
泣き顔よりもずっと悲しいよ
その瞳いっぱいの雫は君の優しさ
それを乾かす風が僕でありたいな

the Raid.の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴