Asriel/禁断を呪いし儚き幻想

Al xanath

Asriel


word: KOKOMI music: 黒瀬圭亮

『禁断を呪いし儚き幻想』収録

  
        

氷のように 壊れても
水になれる 心が欲しい
恨めしく見つめる 水面の月

いつだって至上の輝きは君の上に
在りますように 願ってる
どんなに想っていても
適わない 届かない事もある

愛しくて苦しくて寂しくて壊れてく
そんな僕は 君には相応しくない
愛しくて切なくて でも君が幸せであるようにと
祈っている僕でいたいんだ

I wish 今も

蠍のように 外見(すがた)から
近付けない 鎧が欲しい
銀に蠢いてた 砂漠の月

いつだって至上の輝きは君の上に
在りますように 願ってる
どんなに遠い場所でも
届かない 聞こえない 声はない

愛しくて苦しくて寂しくて壊れてく
そんな僕は 君には相応しくない
想うほど祈るほど寂しさは積もるけど
そんな僕は 幸せを貰ってると知った

I wish 今も

Asrielの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴