己龍/九尾

鬼ノ傀儡

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『九尾』収録

  
        

幼心故に酷く痛む傷は心の淵に
幼心故に其れは忘却の彼方

鬼と化す僕が見た「人」と言う真の鬼
浮き彫りの残酷は蜜の味 飴玉一つ

僕が僕に至る御話

さぁ、ご覧あれ

闇に紛れて指折り数え 耳を澄ませて…乞う蟲の息
傀儡の様に張り付き問えば 彼方散々の笑い声
闇を拭えば朱い現世 耳を澄ませて…唄うは鴉
傀儡の様に糸が絡まり弄ばれる僕は独法師

惚けては膝を抱え込み 見上げた空は真ん丸の月

鬼と化す僕が見た「人」と言う真の鬼
浮き彫りの残酷は蜜の味 飴玉一つ

僕が僕に至る御話

さぁ、ご覧あれ

心の傷を数えて 耳を澄ませて…乞う己が声
傀儡の様に張り付き問えば 彼方散々の笑い声
闇を拭えば黒い現世 耳を澄ませて…叫ぶ心の臓
傀儡の様に糸が絡まり弄ばれる僕を月が笑った…

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴