DEZERT/タイトルなし

「軽蔑」

DEZERT


word: イチノセチアキ music: イチノセチアキ

『タイトルなし』収録

  
        

求めていた吐息 嘘を壊す夜に静かに溶けてゆく

誰一人信じきれない朝を何度迎えてみても
鳴り止まぬ軽蔑の合唱は増えてゆく

声が響いた。「君らしく歌って」に応えた嘘

偽りのないその手を失うたびに息ができなくなる
さよならを掴む君の温もりと根拠は消えずに此処に溶けたままで

知らぬ間に進んでく加速する空白の時間は
イタズラに深い傷跡を付けただけ

声は消えた。繰り返した嘘を嘲笑うように

終わりかけたその夢が殺された時 うまく泣いてほしい
トゲの生えた優しさは偽物を掴んだ声だけ求めて溶けてゆく

染まらないように
壊れないように
繋いだ糸はすぐに切れた
感情なんて今すぐ消して
頬を伝う歪な夢が叫んでいる
「ここにおいで」

偽りのないその手を失うたびに息ができなくなる
さよならを掴む君が残した手を僕はずっと求めて溶けたままで

歪な夢はここに置いて

DEZERTの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴