LACCO TOWER/非幸福論

星空

LACCO TOWER


word: 松川ケイスケ music: LACCO TOWER

『非幸福論』収録

  
        

曇り空 星のない 夜の端貼りついた
未来得た僕たちは ゆっくりと輝きだす

悲しくて悲しくて 屑のような日々の中
僕たちは目を閉じて ただ星空を待っていた

曇り空 星のない 夜の端見惚れてた
未来までどのくらい あるのかもわからなくて

悔しくて悔しくて ここじゃないその先へ
僕たち声の限り ずっと叫び続けてたんだ

小さな箱の中で 溢れたこの想いに
五つの角が生えて 空へ飛びついた

曇り空 星のない 夜の端腰かけて
未来へと 僕たちは ぼんやりと輝きだす

誰かが僕等を笑ってる
指を刺しながら馬鹿な笑顔で

恐ろしい障害が 次々重なって
きりきり舞う胸に ざぁざぁ降り注ぐ

簡単に進めずに 簡単に生きれずに
それでも僕たちは 少しずつほら輝いてく

流星の 星空の 夜の端貼りついた
未来得た僕たちは こんなにも輝いてる
ほら


LACCO TOWERの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴