LACCO TOWER/心枯論

幸福

LACCO TOWER


word: 松川ケイスケ music: LACCO TOWER

『心枯論』収録

  
        

誰もが心のどこかに 誰かを思っているのなら
誰かの胸の隅っこに 僕も存在するのかな?

訳も無く孤独が被さり 胸をそっとくるむ

強いあなたでも時に とても弱い顔をするから
弱く頼りない僕は 強くありたいと願うよ

悲しい出来事ばかりの日々 砕けそうになっても探している

ありふれた小さな 幸せを僕は 拾い集めてく
何でも 何度も
知らない未来が明るくあるように いつでも
何かを求め 声を枯らしている

自分閉じ 手を伸ばし 必死にもがいて
それでも掴みたいものって何だろう?

合わない互いを擦り合わせてまで
それでも欲しいものは何だろう?

あきるほど多くの 悲しみを超えて 喜びを探す
何度も 何度も
絶望の中で 霞んで消えそうな光を
信じ止まないから

「誰のせい」じゃなく「僕のせい」にして
不幸は幸福に変わるさ

もしも悲しみに砕かれても 風が吹いたらどこかの隅に
日々だらけのままでまた集まって
笑顔をかたどっていく ほら

ありふれた小さな 幸せを僕は 拾い集めてく
何でも 何度も
知らない未来が明るくあるように いつでも
何かを求めている

それが正しいかどうかは わからない僕は
何度も 何度も
傷ついてはまた 絶望の中の光へ
両手を伸ばし 声を枯らしている

いつか届くまで いつか届くまで


LACCO TOWERの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴