LACCO TOWER/ハネビラ

椿

LACCO TOWER


word: LACCO TOWER music: LACCO TOWER

『ハネビラ』収録

  
        

これは只の恋の話

“さようなら”何度も言えずに仕舞った
全て独り言 心の出来事
只の想い

空腹の恋は知らん顔で君が
何十回と埋めていくから
くるくる今も回って消えず
胸を掻き毟るの

『只の男 只の女』
言葉に代えれば12文字の距離
『只の二人』

一緒に居るならいつでも死ねると
一緒じゃなけりゃ生きれないのに
ふとしたときに近くにいるから
隠れて見てるから

空腹の恋は知らん顔で君が
何百回と埋めていくだろう

毎日覗くその横顔が
他の誰かの物としても
ふとしたときに近くに居るから
隠れて見てるから


LACCO TOWERの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴