アルルカン/PARANOIA

拒絶

アルルカン


word: music: 來堵

『PARANOIA』収録

  
        

-僕は拒絶したい-
要らないモノは捨てられる。
痛みも耐える。
出来れば このまま

-もう 拒絶 出来ない-
揺れ動く 心の隅で
ふと浮かんで来た
この言葉が離れなくて

「僕に都合の良い事が ただ
他人(きみ)にも都合良かっただけ。」

悲しかった、虚しかった
だけど きっと そう で
それだけの事がこんなに

目指していた 信じていた
「絶望の中」に 光は見えないまま

絶望のからくり
無力な僕は 拒めなかった

「他人(きみ)に都合の良い事が ただ
僕にも都合良かっただけ。」

拒んでいた、疑ってた。
だけどその中に
「答え」があるのかもしれない。

僕の代えを選べばいい
夢だけ見たいなら
これは生きる為の歌

アルルカンの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴