己龍/彩

己龍


word: 酒井参輝 music: 九条武政

『彩』収録

  
        

枯れ木に花を咲かせ 艶の十五夜を彩る
飄に舞踊る 現忘れ塵芥

幼子口遊んだ

「あそびましょ」

大きな鳥居の下 また待惚け

手を叩けど空の谺
名を呼べども凪のふわり
戯れるは宵の随に
蟲の音誘う頃

枯れ木に花を咲かせ 艶の十五夜を彩る
飄に舞踊る 現を忘れて
夢の終わりが来れば 独法師の始まり
白く焼かれて消えた 東の空に

後ろ指を指し笑う人
幼子は何時も面の無い人とかくれんぼ

「あそびましょ」

一つ
二つ
三つ
四つ

まだ見つからぬ

東の空が赤く焼け爛れて

赤蜻蛉追い掛け飽きた頃…

「もういいかい?」

枯れ木に花を咲かせ 艶の十五夜を彩る
飄に舞踊る 現を忘れて
夢の終わりが来れば 独法師の始まり
白く焼かれて消えた 東の空に手を振って

弾け飛ぶ塵芥

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧