やなぎなぎ/ビードロ模様

ビードロ模様

やなぎなぎ


word: やなぎなぎ music: 中沢伴行

『ビードロ模様』収録

  
        

探していた 好きになる理由を
もっともらしい言葉だとか

気づいたとき 糸は縺れ合って
固結びがひどくなってた

躊躇わないで言えたのなら

君はもう泣かないの

雲の形 突き抜ける想いの衝動描く
漂う真夏の香りに 何度も思い出してる
誰か触れた軌跡だけ
夕立のように ぽつりと色が染みだしていた

レンズ越しに眺めてた世界は
他人事のように映り

失くしていた気持ちを知った時
僕らの時間 動き出した

秤にかける恋の質量

どうしたって釣り合わない

空の形焼き付ける
銀の向こうまで
日差しの眩しさ 温度も 残らず全部欲しい
誰か歩いた道にだけ 続いてく光
硝子に反射して降り注ぐ

答えを出したその先に
どんな未来が続いても
好きだと言いたい
君に好きと言いたい

確かにあった あの夏を
幼い記憶を
閉じ込め 遠く 海へと飛ばそう


やなぎなぎの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴