やなぎなぎ/エウアル

helvetica

やなぎなぎ


word: やなぎなぎ music: やなぎなぎ

『エウアル』収録

  
        

さらさら
星の砂遡る
酸素が散り手折れた花の名
忘れた 興味ごと捨ててきた
分からない もう文字は読めない

愛したとして
何が応えてくれるというの

正しい言葉さえどこにも
残らない もうない
等間隔美しく並ぶhelvetica
狂い出した今

明るい窓辺に添えた花 見てた
この手で影つくったなら
たちまち枯れてしまうだろうか
そんなこと
考えてしまうから

愛したとして
何が応えてくれるというの

正しい言葉さえどこにも
残らない もうない
等間隔美しく並ぶhelvetica
狂い出してゆく

愛しい 失う
残らない どこにも
言葉さえ
積み重ねた
残らない
散り散りに
花の色も
鮮やかな 忘れてく 並ぶ
もう 無い 自分の感情も
等間隔
美しく
helvetica
狂い出したまま


やなぎなぎの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴