やなぎなぎ/アクアテラリウム

アクアテラリウム

やなぎなぎ


word: やなぎなぎ music: 石川智晶

『アクアテラリウム』収録

  
        

温かい水に泳ぐデトリタス
長い時間をかけて糸を紡ぎながら繭になる

一体どれくらい目蓋を閉じていたんだろう
待っても待っても僕らずっとふたりきり
ここは有限の水槽で 名前を呼べば泡になる

温かい水に泳ぐデトリタス
長い時間をかけて糸を紡ぎながら
穏やかに眠る君の外側で
全ての感情から守る繭になる

静かすぎたこの楽園で漂いながら
何一つ変わらないんだって気づいても
君の姿を見るだけで 僕の視界は透き通る

揺らぐ向こう側 届かないままに
近くて遠い砂の橋は碧く溶けた
穏やかに眠る君に寄り添って
波打つ月のかたち そっと見上げてる

いつかひとりで目覚めた君の (いつかそう僕がいなくなる時に)
はじめて瞳に映す景色が
美しいものだけで満たされる様に 捧ぐ子守唄

温かい水に泳ぐデトリタス
長い時間をかけて糸を紡ぎながら
穏やかに眠る君の外側で
全ての感情から守る繭になる


やなぎなぎの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴