やなぎなぎ/ポリオミノ

navis

やなぎなぎ


word: やなぎなぎ music: 末光篤

『ポリオミノ』収録

  
        

続いてくこの道は 昨日とは違うけど
まっすぐに歩いていける そんな気がしているの

薄く棚引く雲の向こう 目を眇めて

約束も、さようならも、今は宝箱に仕舞っている
決して褪せない唯一の場所

穏やかに晴れ上がる日には花の匂いが
遠くへと あなたへと 届いていくのでしょう

舞い踊る鳥の群れ 見えなくなっていく

ひと滴ふた滴 不意に落としても
熱に気化され また雲の形になって

棚引く雲 目を眇めて

ありがとうとね、さようならも、今は宝箱に仕舞っている
消して褪せない心に

いま たおやかに空気の震える音を聴いている
すべて零さない様に
この道を行こう


やなぎなぎの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴