DADAROMA/「雨のワルツ」

「雨のワルツ」

DADAROMA


word: よしあつ music: 太嘉志

『「雨のワルツ」』収録

  
        

Filthy rain.You become filthy by rain.

「greed」
The grown-ups try to make money
from pure and childish dream.
We keep on living without realizing.

「greed」
The teacher said that we're
all equal since we were born.
He was only reading out what
was written in the book.

見たくない物ばかり移る液晶の世界にカーテンをおろす
子供たちが持たされたのは銃より鋭利な匿名のライフル
ビルの隙間から体をなぞる風はいつしか生温く淀み
蠢く雲が覆う明日の太陽

The muddy water turns into
clouds and rains heavily over the world.
We believe it to be blessed rain
and drink it without doubting it.
The small flower which blooms by
the wayside grows from it.
A filthy colored flower blooms.

打ち付ける

鳴り止まない雨のワルツ
傘をささずに踊る君が
流す涙は 人に飲まれて

悲しみから目を背けず
踏まれながらも育つ花が
落とす花びら 人に踏まれて

日に当たらず枯れゆく四葩

見たくない物ばかり移る液晶の世界にカーテンをおろす
子供たちが持たされたのは銃より鋭利な匿名のライフル
ビルの隙間から体をなぞる風はいつしか生温く淀み
蠢く雲が覆う明日の太陽

僕らが生きる明日が
作られた未来でも
君が夢見る明日が
いつかここで咲くように

鳴り止まない雨のワルツ
悲劇の中で踊る君が
流す涙は 届かないのか

悲しみから目を背けず
明日の日向を夢見ている
雨に打たれて 人に踏まれて

其処に散らばる花筏
忘れかけていた夢を見た
それを一粒掬い上げ
眠る君の胸へ

DADAROMAの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴