DADAROMA/「最終電車」

「最終電車」

DADAROMA


word: よしあつ music: 太嘉志

『「最終電車」』収録

  
        

ああ、薄明かり 染み付く白い壁
狭い部屋を満たしていく 湿度じみた熱
ああ、畝る腰 瞳は擦れ違い
揺れるベッドから溢れ出して こぼれ落ちた心

上の空で綴る 世間話と
間を埋める様に絡めるキスも
ベッドルームの扉に 誘われるまでの
中身の無い 流れにすぎなくて

ああ、月を食べ微笑むの
明日の陽のひかりさえも覆うように
ああ、あまつさえ 心まで
濡れた雌しべを優しく折るように

ひとり揺れる最終電車
まだ引かない汗
湿った髪が首に纏わる
甘い言葉が私を摘む

ああ、手を廻すあなたの背
いつか心も温度も感じなくて
ああ、あまつさえ 心まで
ひとりあの日の貴方を想うように

夜に揺れる最終電車
過ぎる街並みに
儚く溶けた夢を馳せる
夜に溶けてゆく最終電車

繰り返される 愛の言葉だって
今ではもう何にも届かなくて
確かめ合うように 孤独を紛らわせる
二人はもう 帰る場所がなくて

DADAROMAの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧