ゴールデンボンバー/水商売をやめてくれないか

GLORY LOVE(茶版)

ゴールデンボンバー


word: 鬼龍院翔 music: 鬼龍院翔

『水商売をやめてくれないか』収録

  
        

((Sho)
ラストー!
GLORY LOVE!

今日はついに
俺達の初のワンマンライブ
オーディエンスに俺たちの
凄さを見せ付けてやる!)

濃密な愛撫の後オマエは泣き出した
「私には翼が無いの…」と悲しい顔で

何も出来ずにただ
オレはセブンスターに火をつけた

((Sho)
それに何と…俺たちのライブを見にあの
“TOSHIKI”さんが来てる!
これはきっと…スカウトだ!
今日のライブ、何としてでも成功させるぞ!)

ずっと探していた天使
折れた翼ならオレのこの歌で羽ばたかせてあげる
まだ物語は始まったばかり
渇いた孤独をオレと行く夢で輝かせてあげる
「GLORY LOVE」

((Sho)
この反応…いいぞ、イケる!
みんなで直前まで何日も
死に物狂いで練習してきた成果だ!)

「私など放っておいて」とオマエは部屋を飛び出した

((Yutaka)
………
練習のおかげで最高のグルーブが出てる
あとはShoの声が
この曲の最後まで持ってくれれば…!)

誰もいない部屋を壁のモナリザだけが見つめていた

ずっと隠れていた天使
都会の片隅 夢のない街で やっと巡り逢う
まだオマエだけを愛し足りない
犯した罪ならオレに着せていい
ずっと守るから

サヨナラはもういいさ、もういい
孤独な夜はもういいさ
もういいさ、もういい
幻なんてもういい
揺れて揺れて
愛と夢の狭間で
揺れて揺れて
その胸の中で深く眠りたい
ずっと…

( (Sho)
Yutakaのギター…やっぱタダモンじゃないや!
TOSHIKIさん目を離さないで見てくれ
これが俺たちのLIVEだ!)

((TOSHIKI)
………)

((Sho)
後は俺に任せろ!
!?)

((Yutaka)
ど…どうしたんだSho…
なぜ歌わない!?)

((Sho)
声が…出ない……!
連日のハードな練習のせいで
声の限界が来ちまったみたいだ…!)

((Jun)
Shoさん…!)

((Kenji)
ダメだ…もう終わりだ…)

((Yutaka)
仕方ない、もう演奏を止めるしか…
!!!!)

(オーディエンスによる合唱)
まだ物語は始まったばかり
渇いた孤独をオレと行く夢で輝かせてあげる

((Sho)
みんな…
俺たちの歌を覚えて…
なんて綺麗で愛のある歌だ
俺、間違ってたよ
売れたくて歌ってたけどそうじゃない
歌に一番大切なのは“SOUL”なんだって気付かされたよ
みんな聴いてくれ
俺の魂の歌を)

ずっと探していた天使
((Sho)
出る!声が出るぞ!)
破れた夢ならオレのこの歌で慰めてあげる
まだその心の中が見えない
震えた身体を傷だらけの腕でそっと抱き寄せた

サヨナラはもういいさ、もういい
孤独な夜はもういいさ
もういいさ、もういい
幻なんてもういい
揺れて揺れて
愛と夢の狭間で
揺れて揺れて
その胸の中で深く眠りたい
ずっと…
oh…「GLORY LOVE」

((Sho)
一番大切なことに気付いたんだ
売れるため成功するためにやってる音楽を
誰も求めちゃいない
オーディエンスが一番聴きたがってるのは
俺たちの心から湧き出る”SOUL”のある音楽なんだってこと
俺たち今、最っ高にたのしいぜ!)

((TOSHIKI)
………
果たしてダイヤか、石ころか…)

ゴールデンボンバーの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧