AvelCain/月蝕

月蝕

AvelCain


word: 業-karma- music: eve

『月蝕』収録

  
        

見上げた夜空に鈍く儚く
欠けた光をゆっくりとなぞった

千切れた手首の滴る赤に
隠した痛みが溢れて止まらない

触れる程に
崩れてしまう
それでも貴方
忘れられない

孤独翳る月蝕重ねた傷に泣く
振り向いて
私は此処だよ
ほら心も身体も引き摺る思い出も粉々に今宵血りばめて
お別れ

貴方が望む
明日にはきっと
私はいない
せめて眠らせて

月明かりが優しく私を照らすけど
あの頃のように戻れない
貴方を知らなければ
私がいなければ
良かったの?
うまく言えないよ
さよなら
ごめんね
私を
殺して

AvelCainの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴