アルルカン/Utopia

残響

アルルカン


word: music: 祥平

『Utopia』収録

  
        

当たり前だった 日常は崩れて
「ソレ」は少しずつ 僕を狂わせた

何がいけなかった?
重ねるだけ 掠れていく声
僕の意味が 掻き消される
-響 く 残 響-

ずっと まだ 鳴り止まずに
この身体を伝って。
響いてる「いつかの僕の声」
僕は僕を取り戻す。

自分は「足りない」
対等(同じ)で居たいのに

何も言えなかった
それでも針は刻んでいく
どう生きてきたのかさえも
忘れてしまいそうで

もしこのまま
消えない感触を
「捜し」続けるとしても構わない

ずっと まだ 鳴り止まずに
この身体を伝って。
生きていく 声震わせながら
僕は僕を越えていく。

ずっと ただ 鳴り止まずに
その身体に伝うような
歪でも 君に消えぬ一瞬を
残れ響け 僕の残響

アルルカンの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴