LACCO TOWER/心臓文庫

珈琲

LACCO TOWER


word: 松川ケイスケ music: LACCO TOWER

『心臓文庫』収録

  
        

夕焼けの交差点 向かい合う二人
「ここだよ」と振った手は 「さようなら」みたい

音のない喫茶店 隣り合う二人
動かない唇は カップにつけて

あら珈琲は冷めたみたい
新しく頼まなきゃ
不思議なものね こうなると
苦い味だけが残る

あと数センチ 二人の距離は なぜか 足りないみたいで
隙間を通る苦い香りが ゆらり 漂っているだけ

胸の底 こびりついた 甘い記憶は
溶けないで 残ってる お砂糖みたい

もう珈琲は冷めたみたい
嫌だけど 冷めたみたい
悲しいものね こうなると
苦い味だけが残る

恋を混ぜれば 浮かぶ記憶(メモリー) どうか 消えて消えないで
「二人のために 世界はある」と どうか 言って言わないで

あと数センチ 二人の距離は なぜか 足りないみたいで
隙間を通る苦い香りが ゆらり 漂っているだけ


LACCO TOWERの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴