DADAROMA/スタンチク

月のうた

DADAROMA


word: よしあつ music: 太嘉志

『スタンチク』収録

  
        

窓に切りとられた夜空を
君も見上げているのだろうか

星と星を線でつないで 指でなぞる
「形の見えない星空へ 連れてって」

ここから叫ぶ叫ぶ「僕の声」が
あなたの夜を照らす月になるように

まぶだに隠す 涙の跡
泣き顔より悲しく見える 笑顔が
一人の夜に耳を澄ませばぶつかり合う
「夜空に落ちた、涙の音が、聞こえる」

そこから叫ぶ叫ぶ「君の声」が
ひとりの僕を照らす月になるから
あなたが 泣いた 泣いた 涙の音が
ひとりの僕がうたう意味になるから

ここから叫ぶ叫ぶ「僕らの声」が
僕らの夜を照らす月になるから
夜空に 落ちた 落ちた 涙の音が
僕らの夜を照らす月になるから

DADAROMAの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧