the Raid./Re:born

トーキョーエレジー

the Raid.


word: 星七 music: 由羽

『Re:born』収録

  
        

辿り着いたのは最愛の果て
同じ苦しみを抱いて生きる
重ねた孤独を拭うように 君の腕で眠る

壊れたオモチャのような心
虚しく響いた幼き声
縛られるように絡みついて
離れられぬ理由

あぁどうか このまま 雨よ止まないで
全てが洗い流され 自由になれたのなら

サヨナラさえも言えずに 空白だけを刻んだ
私にとって それはそれは 儚い夢でした

終わらせる事は簡単だけど
断ち切る余裕も欠いたままで
迷い込み深く沈んでゆく
抜け出せない罠

あぁいっそ このまま 閉じ込めてしまえたら
すり抜けては掴めない 悪戯な優しさも

切なさや甘い痛みも 時折見せる弱さも
私にとって それはそれは 儚い夢でした

だけどどこか信じていた もう引き返せない日々も
許し合う強さも此処で 生きていく意味も

汚れすぎたこの都会で 二人ぼっち 寄り添った
私にとって それはそれは 確かな愛でした

the Raid.の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴