Raphael/Love story -2000020220161101-

Love story 〜悠久の四重奏〜

Raphael


word: Raphael music: Raphael

『Love story -2000020220161101-』収録

  
        

あの日の僕に足りなかったのは
ほんの少しの勇気だった
自分の弱さを知るという事
終わりを怖れずに生きる事

たくさん遠回りしたけれど
やっと自分に向き合えたんだ
胸で閊えてた たくさんの涙が
夏の雨と一緒に宙へ還る

戸惑いながら 迷いながら
ある筈のない答えを探していた
苦しい時も悲しい時も
僕よりも僕を信じてくれたのはあなたでした

幸せとか 優しさとか
カタチの無い救いを求めて
がむしゃらな季節の中
心は"助けて"と叫んでた──────。

あの日の僕に足りなかったのは
ほんの少しの覚悟だった
人を信じるという事
自分を信じるという事

戸惑いながら 迷いながら
ある筈のない答えを探していた
不器用で若過ぎた季節
僕の背中を押してくれたのはあなたでした

幸せとか 優しさとか
言葉よりも溢れる想いを
この歌をあなたに捧ぐよ
"出会いの奇跡"の歌を──────。

蒼い宙に 華弦の月
笑って手を振ろう
いつかまた会える日まで
サヨナラ、ありがとう──────。

Raphaelの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴